MENU

引っ越しが1万円以下にできる条件とは

引っ越しに掛ける予算が無くて1万円以下で業者に依頼できたらいいのにと思っている人もいるかもしれません。実際に引越し料金が1万円以下というのが可能な条件なのか。元引越屋でもある管理人が詳しく解説します。

 

まず相場も何も分からない人からすると引っ越しにおける1万円以下という値段が安いか高いかも判断つかないかもしれません。しかし引っ越しにおいて1万円以下という値段はかなり安い契約料金と言えます。

 

もし、1万円以下で引越し業者に頼めるとすればその条件は、

  • 単身引越し並みの少量の荷物である
  • 作業員は1名
  • 引越し先までの距離も近く移動が短時間で済む
  • 引越しが暇な時期(時間)に依頼

 

つまり引っ越しの作業時間が極めて短くて済む場合に限ってできる金額と言えます。

 

ヤマトや日通の単身パックでさえ最低価格は1万以上なので、この金額が引っ越しにおいていかに安いかが分かります。現実的には赤帽などの軽トラを使った引越し業者で条件が揃った場合に1万円以下で請負ってくれます。

 

1万円以下の引越し料金にこだわるのなら自分のお住まいの地域の軽トラで営業している引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

引越し料金を1万円以内に少しでも近づけるために

ここでは引越し料金を少しでも1万円以下に近づけるためにできる方法をご紹介します。

 

たとえ条件的に1万円を越えそうな場合であっても、様々な努力や工夫によって少しでも引越し料金を安くできる余地はあります。

 

依頼する荷物をできるだけ減らす

ダンボールや小物を自分で運ぶようにするのも一つの手ですが、古い家具や家電は現住所で処分してしまい、引越し先で新たに買い直すのも一つの方法です。

 

大きく荷物量が減れば、それだけ引越し料金が1万円以下になる可能性もアップします。処分したい荷物が比較的新しいものであればリサイクルショップで買い取りしてもらうのもいいですし、大型ごみとして有料で処分するくらいであれば知り合いにあげたりするのも良いでしょう。

 

リサイクルショップで買取不可の荷物でもメルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどを利用すれば処分できる可能性も広がります。

 

作業はできるだけ自分でする

赤帽では時間制と距離制の料金形態があります。時間が掛かれば追加料金の可能性があるということです。自分ができることはやってしまえば、それだけ安くなるということです。

 

ダンボールへの荷造りは当然ですが、ベッドの分解、家具や家電の裏の拭き掃除なども作業時間は意外と掛かってしまいます。家電はコードをまとめて、ダンボールで梱包すればより時間短縮に繋がります。

 

ダンボールなどの運び入れについても、とにかく玄関まで運んでもらい玄関からお部屋までは自分で運ぶようにすれば引越し業者の拘束時間を短くできます。

 

引越し業者の作業時間を短時間に終わらせられるように交渉すれば安くなる可能性も大きくなります。

 

引越しの予定日を業者が暇な日を選ぶ

引越しは暇な日と忙しい日の差が激しいので、あえて暇な日を選ぶことで通常料金より激安、場合によっては1万円以下の見積もりも受けられるかもしれません。

 

もし、あなたが安くなるなら日程を変更できる立場なら試してみる価値は十分になる方法です。ちなみに暇な日は月初から中旬に掛けての平日(金曜日は除く)、さらに大安、友引と言った日を外せば完璧です。

 

しかし、軽トラなどを使った小さな引越し業者の場合は1件の仕事でたちまち予定が埋まってしまうので、あえて暇な日はいつですかと相談してみるのもおすすめです。

 

さらに到着時間を午後からやフリー便を選べばさらに安くなります。

 

多くの引越し業者から見積もりを取る

引越し料金を安くする方法として最も効率的な方法の一つが、多くの引越し業者から見積もりを取ることです。

 

中小の引越し業者が乱立しているこの業界では、業者間の値引き合戦により時に驚くほど安い引越しの見積もりが生まれます。

 

最初の提示額っていったい何だったの?って疑心暗鬼になる人もいるほど、この業界の料金って相場があってないようなものなんです。

 

もちろん、あまりに安すぎる引越し業者は作業が雑な可能性もあり、安心して頼めるかの見極めは必要ですが、少なくとも1社だけの見積もりで引越し業者を決めるのは全くおすすめできません。

 

一括見積もりが複数の引越し業者選びにおすすめ

多くのと言っても、自分の住んでいる地域の引越し業者を複数も選び出すのって結構大変な作業です。一社ずつ問い合わせた時に合い見積もりと分かれば嫌な顔をする会社も時にはあるでしょう。
でも一括見積もりであれば、合い見積もりが前提なのを引越し業者も初めから理解しているので話は早いです。最初から競争前提の安い価格帯の見積もりを提示してくれます。

 

住所を登録しただけで自動的に最大10社へ見積もりを送信してくれるので簡単です。忙しい引越し前の時期に見積もり時間の短縮にも役立つ便利なサービスです。

 

 

一括見積もりサイト対応地域

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

他にもある引越し料金を安くする方法

これまでの方法を駆使しても1万円以下の引越し料金を実現できなかった人の為に値引きを引き出す方法をご紹介します。

 

まだあきらめるのは早すぎます。頑張って引越し業者と値引き交渉をしましょう。

 

荷物を綺麗にまとめる

段ボールをできるだけ隙間なく埋めて個数を可能な限り減らしましょう。時には硬い食器や書籍と柔らかい衣類やタオルなどを同じ箱に入れることも検討してください。カラーボックスやスチールラックなども分解できるものであれば、分解することで荷物量を全体的に圧縮できる可能性があります。荷物が少しでも減れば引越し費用も安くなり、より1万円以下に近づきます。

 

段ボールを自分で集める

もし、あなたが見積もりを取った引越し業者のサービスで段ボールを無料提供しているなら断ることで値引きを引き出すことができるかもしれません。引越し用の段ボールは荷物の破損を防ぐために、頑丈に作られています。コストも意外に掛かるために必要でないなら値引きをしてくれる引越し業者もいます。

 

ただし、自分で段ボールを集める際はできるだけ頑丈な物を選ぶようにしましょう。具体的には、ティッシュやお菓子の段ボールは避けて電化製品や野菜、果物の段ボールを選んでください。

 

午後便やフリー便を選ぶ

日にちによって引越し料金が変わるように、トラックの到着時間によっても引越し料金は変動します。一番人気が高いのは午前で午後便を選んだ方が安くなります。

 

荷物が少ない単身引越しの場合は、個々の現場が短時間で終わり一日で何件も回れるために、フリー便を採用している引越し業者も珍しくありません。引越し業者の都合で到着時間の指定になりますが、その日のうちに終わるのであればいつでも良いと言われるなら一番安くなります。

 

小物、段ボールを自分で運ぶ

引越し業者には大きな家具や家電を中心に依頼し、小物やダンボールは自分で運ぶようにすれば引越し業者へ依頼する荷物量も減り料金も相対的に安くなります。

 

荷物量が少ない単身引越しではそれほど効果的な方法ではありませんが、軽トラを2往復させなければいけない状況で1往復分は自分で運ぶなら料金に与える影響は大きくなります。1万円台と1万円以下の境界線と言っても過言ではありません。